Midas Touch / Earth Shaker

  • 音楽
  • コレクション

Midas Touchなるジャズ/プログレッシグロックのバンドが英国のライブラリーレーベル:Peer International Library Limitedに残した作品:Earth Shakerについて記事で取りあげたいと思います。

Midas Touch

メンバーについては知らなかったのですが、Discogsのページに記載がありました。そちらを参考にさせていただきます。

  • Harry Rabinowitz (キーボード)
  • Martin Kershaw (ギター)
  • Dave Richmond (ベース・ギター)
  • Harold Fisher (パーカッション)

以上の4名から構成されていたバンドでした。各人、主にライブラリー音源の作曲・編曲をされていたようで、他のレーベルでも作品をリリースしています。

作品:Earth Shaker

このジャケットのデザインはJack Mooringという方のものです。

同レーベルでリリースされている他の作品のジャケットも描かれているようです。1976〜1979年の作品にクレジットがあります。

詳細は不明...。

続いては収録曲について簡単に触れたいと思います。

1曲目のタイトル曲:Earth Shakerからはじまります。その名の通り、不穏でメロディで、かつダイナミックな感じの曲です。曲終盤のエレキがカッコイイです。

2曲目のCountry Mattersに続きます。1曲目と売って変わり、ゆったりとした、どこか哀切なメロディの曲です。旅番組とかで流れてそう。1曲目の雰囲気に続き、この曲を次にするあたりはツボ。。。個人的にイチオシです。ほっと一息つけたいときのお供ですね。

他にも刑事映画で流れてそうな内容のBlack Bison。完全に情緒不安定になりそうな変わり種のIntimations(曲名通り「暗示、何となく感じる不安」を感じさせる内容。気分が落ち込んでるときには聴いちゃダメな曲かも😅)など、独特な内容のものが揃っています。

そして、トラックリストの最後を飾る曲:Half Timeは明るいマーチ(子供番組向けの音源?)で、リスナーをズッコケさせるちょっとしたオチが待っています。😆

ジャケといい、色々と楽しませてくれる一品です。

この記事を共有

アバター

K.Utsunomiya
男・20代
主にWebフロントエンド技術と気になった音楽について投稿していきます。
最近ハマっていることは、クロスバイクで走ることとジムでの運動です。
詳しいプロフィール

© 2020–2021 コレ棚