Patricia Rappaz-Morand

  • 音楽
  • コレクション

だいぶ前の話になりますが、スイスのショップからインターネットで購入したレコードのうち、Patricia Rappaz-Morandという女性歌手の作品がありました。なぜ購入したかは忘れましたが、たぶんジャケ買いでしょう。

当時は検索してもDiscogsぐらいしかヒットしないため、「なに者だよ(よく分からず買っちまった...)」という状態でした。

📖 https://www.discogs.com/ja/artist/4196599-Patricia-Rappaz

調べてみた

改めて、インターネットやレコードのジャケットに書かれたテキストをもとに調べてみました。

1970年代あたりに活動されていた歌手と思われます。生まれは不明ですが、レコードの製作がスイスと書かれているため、おそらくスイスの方。

作品は2枚リリースしており、いずれもラベルを見る限り自主制作盤のようです。

作品名は下記の通りです。

  • De La Cause Des Ennuis Des Dames (リリース年は不明, ファーストアルバム)
  • A Huis Clos (リリース年はおそらく1975年)

De La Cause Des Ennuis Des Dames

Jacky Laggerという方が編曲からほとんどの楽器を担当されています。Wikipedia、さらにご自身のWebサイトがあるので気になる方はご覧ください。派手な風貌のおっちゃんですね。😂

Jacky氏とPatricia氏がどういう接点なのかは不明です。Jacky氏が1950年生まれで、この作品がおそらく1970年前半ごろだと思うので、ちょうどミュージシャンとして活躍の場を広げようと精力的に活動していた頃なんですかね。あくまで推測です。

収録曲はフォーク、カントリー調のもので、正直びみょー...って印象でした。ただ、裏ジャケの写真が良いですね。やはりギターと女性は映えますね!(そこかよって感じですが、レコード・CDを買う上でジャケットは大事なんです)

A Huis Clos

ファーストアルバムに続いてリリースしたA Huis Clos。編曲は詳細不明のElmaという方が担当されています。他、複数のミュージシャンが参加しており、ファーストに比べると力入れている印象です。

裏ジャケに大量のテキストが書かれているのですが、一部の単語は読み取れますがほとんどが読めない(ランダムな記号の配列?)です。どこかの言葉なんですかね。🤔 解読できた方はこっそり教えて下さい🙏

その後調べてみたのですが、13 étoiles : Reflets du Valais = Wallis im Bildという雑誌(情報誌?)の1975年10月号の1ページにPatricia Rappazについて書かれているものを発見しました。🙌 (Gaby Zryd-Sauthierという方がコメントされています)

📖 https://core.ac.uk/display/43662918

Googleの検索エンジンがあらゆるパブリックな情報をインデックスしてくれている恩恵ですね。さらに、当時の情報誌を電子化して公開してくれていることにも感謝です。

書かれている内容を読むと、どうやらファーストアルバムはあまり評価されていなかったようです。しかし、それを受けて彼女はセカンドアルバムで巻き返しを図ろうとしたみたいですね。

実際どうだったのでしょうか。セカンドアルバムでリリースが終わっているところを見ると、芳しくなかったのでしょうか。🤔

おわりに

2012年頃に手に入れた作品で情報がほとんどありませんでしたが、改めて調べてみると僅かですが情報が見つかりました。どんな人物だったのか、その後どうなったのか等については残念ながら分からないままでした。

今もどこかで暮らしているのでしょうか。

彼女の名前を偶然知って検索し、この記事を見つけて、願わくば新しい情報が出てきてほしいです。

この記事を共有

アバター

K.Utsunomiya
男・20代
主にWebフロントエンド技術と気になった音楽について投稿していきます。
最近ハマっていることは、クロスバイクで走ることとジムでの運動です。
詳しいプロフィール

© 2020–2021 コレ棚