「Webサイト高速化のための静的サイトジェネレーター活用入門」を読んでみた

  • 書籍
  • GatsbyJS

書籍情報

📖 https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=115483

書籍情報は上記のページご覧いただければと思います。

ざっくりと内容を説明すれば、静的サイトジェネレーター(SSG)の中でも人気なGatsbyJSとヘッドレスCMSのContentfulを用いて、Webサイトを作成してみようという感じです。

私自身、GatsbyJSははじめてだったので「せっかくだから勉強してみよう」と思って読んでみました。

読んで思ったことを記事にしておこうと思います。

こんな方にオススメ

  • 「JamstackなWebサイトを作ってみたいんだ」という方
  • 今どきなWebサイト開発をしてみたい・勉強してみたいというモチベーションをお持ちの方
  • SSGで開発したことがあるが、GatsbyJSはまだという方

読み方

まったくJavascriptやReactを触ったことがないという方は、ただの写経で終わってしまうかもしれないです。

何かしらのWebサイトを開発したことがある方は一通りペラペラと目を通してみて(大体1日ぐらい)、そのあとに何かテーマを決めて開発しつつ、「ここどうやるんだっけ」と思った時に手引書といて読むのが良いと思いました。自分自身はそんな感じでした。

もちろん書籍で載っていないことも出てくるので、公式サイトやQiitaなりで情報収集していけば良いと思います。

写経で終わらないようにするってのが大事だと思います。

感想

  • GatsbyJSについての情報は日本語でもよく見つかるので、新しい技術でWebサイトを作ってみようという方にはお勧めだと思いました。
  • 書籍となっていることで他人にお勧めし易いと思いました。(公式サイト読んでみなよ〜じゃなくて、本あるから読んでみなよ〜と言えるのは良いかも)
  • HTMLとCSSで作成したページを元にGatsbyJSで実装していく進め方なので、「ここは飛ばしていいかな」というページがいくつかあった。(丁寧に解説されているのは良い点だとは思うのですが)
  • gatsby-imageを使った画像の最適化について丁寧に書かれている。便利さも知り、勉強になりました。
  • 標準でGraphQLで外部データソースのデータを扱うことができる点がとても便利👍
  • Webサイト開発で気にしないといけないメタデータ、OGP周りについてもしっかり書かれていて良いと思いました。

追記 (2021/4/12)

GatsbyJSがアップデートがリリースされて、gatsby-imageまわりの仕様が変わっているので、公式のドキュメントと参照しつつ読み進める方がよいです。

この記事を共有

アバター

K.Utsunomiya
男・20代
主にWebフロントエンド技術と気になった音楽について投稿していきます。
最近ハマっていることは、クロスバイクで走ることとジムでの運動です。
詳しいプロフィール

© 2020–2021 コレ棚