Susan Christie

  • 音楽
  • コレクション

1960年代アメリカで歌手として活動し、代表曲「I Love Onions」をリリースするも、その後活動をやめてしまったSusan Christie氏について調べてみました。

Paint A Lady

自分が彼女を知るきっかけは、2006年にFinders Keepers Recordsからリリースされた彼女のアルバム「Paint A Lady」でした。収録されている曲はサイケ色を帯びたフォーク(アシッドフォーク?)で、どちらかといえば大衆向けではない作品です。

このアルバムは長らく日の目を見ずにいた未発表作(製作は1971年らしい)で、アルバムを製作している途中に契約していたレーベルから「商売にならない」と言われ、リリースの話がなくなってしまった経緯があるようです。

Paint A Ladyより前の作品

Paint A Ladyを制作する前は、代表曲「I Love Onions」や「Toy Balloon」、「Tonight You Belong To Me」(Nancy Sinatraで有名な曲。邦題は「いちごの片思い」)といったポップな曲がメインでした。

Wikipediaにある情報を読む限り、Susan Christie氏自身はポップソングに飽きて、もっと自分のやりたい音楽があり、それがPaint A Ladyに収録されているような曲だったという感じなんですかね。結果として、(上述の通り)商業主義的なレーベルの意向で未リリースで終わってしまったんですね。

発掘

ところで、未発表で終わっていたわけですが、どうやって2006年にリリースするに至ったのか気になりますよね。

お蔵入りだったPaint A Ladyのマスターテープと音源のコピー(プライベートでプレスしたもの)が3部だけが残っており、彼女の家で長らく眠っていた状態だったようです。その後何十年も経ち、2000年代初頭にKeith D'Arcy氏(レコードコレクター・リイシューのプロデューサー)からコンタクトを受け、コピーの1つを彼に提供し、そしてAndy Votel氏(Finders Keepers Records創設人物)に共通されてリリースに至ったようです。

胸熱なドラマがあったんですね。👍

おわりに

当時は評価されていなかったけども、現代になってコレクターたちなどに評価を受け、注目されるのは良いですよね。

言い方があれですが、まさに敗者復活戦!

知られざる曲は、まだどこかに眠ってるんでしょうかね。

参考資料

調べるにあたり、以下のページを参考にさせていただきました。🙇‍♂️🙏

もっと気になる方は、ぜひご覧ください。

この記事を共有

アバター

K.Utsunomiya
男・20代
主にWebフロントエンド技術と気になった音楽について投稿していきます。
最近ハマっていることは、クロスバイクで走ることとジムでの運動です。
詳しいプロフィール

© 2020–2021 コレ棚